トップ > ビジネス統計スペシャリストとは > 「データ分析力が身につく」企業と教育機関のコメント

「データ分析力が身につく」企業と教育機関のコメント

「データ分析力」は、いまもっとも注目されているスキルのひとつですが、一般のビジネスパーソンに必要とされているのは、データ分析の専門家や専門部署が行うような高度な統計技術ではなく、実際の仕事の現場において、“どのような結果を得るために、どのようなデータを、どのように分析するか”ということを考える力です。

【企業コメント】

ビジネス課題を解決するために
「データ分析に強い人」が求められています。
サイコス株式会社(マーケティングコンサルティング業)
代表取締役 青葉 哲郎さん

近年、スマホ・IoT・クラウドサービスは進化し、企業が持つデータ量は飛躍的に増加していますが、データに強いスキルを持った人は大幅に不足しています。

私自身、コンサルティングをしていて、データに強い企業と、データが宝の持ち腐れになっている企業と、大きく二極化が進んでいることを肌で感じています。
大手IT会社のデータサイエンティストのような専門職にならなくとも、「データに強い人」という企業内需要は大幅に増加しています。

皆さまが、本資格のような基本的な統計スキルを身につけることは、語学の取得以上に企業内で価値を発揮する可能性があります。また、就活、転職、企業内ステップアップなど、さまざまなキャリアアップの機会を作りだすことと考えられます。

サイコス株式会社

【教育機関コメント】

教員にも「データ分析力」が役立つ時代。
学生のうちに、“統計の実践力“の習得を。
芦屋大学 経営教育学部 技術・情報教員育成コース
若杉 祥太 先生

芦屋大学は、関西でも数少ない「技術科」や「情報科」の教員免許が取得可能なコースのある大学で、幅広い知識と教養に加え、実際のビジネスで必要とされる実践力を養うための授業を特徴としています。

当コースの学生は教員を目指して学んでいますが、卒業して教員として勤めると、生徒の成績処理や進学用のデータ活用、教育効果を把握するためのデータ分析など、想像以上に多くのデータを扱うことになります。
正確性やスピードなどデータ処理能力の高さに加え、きちんとした統計スキル(知識・技能)によって導きだした傾向を、各科目の点数や日常生活などのさまざまな事情と関連づけて分析していくことで、より良い教育指導ポイントを見出していくことにもつながります。これは日々、私が実感している統計スキルの利点です。

当資格は、統計学としての基礎的な知識とExcelを用いた技能の両面がバランスよく習得できる学習教材であり、学生にとっても、取得後は自身の“統計の実践力”を実感できる内容になっていると思います。

芦屋大学 経営教育学部 技術・情報教員育成コース