トップ > ビジネス統計スペシャリストとは > エクセル分析スペシャリスト(上級レベル)

エクセル分析スペシャリスト(上級レベル)

エクセル分析スペシャリスト : 試験概要

エクセル分析スペシャリスト※1 は、データ分析の”実践”に重点をおき、分析データの理解・まとめ方、仮説検定、相関分析、回帰分析などを出題範囲に含みます。Excelの分析ツールや関数を活用して、ビジネスデータ分析の実践力を評価する試験です。
※2019年4月25日試験リニューアルに伴い試験概要を更新しました。

項目 内容
問題数 30問
出題形式 選択問題、穴埋め問題

※知識を問う問題とExcelの操作をともなう問題が出題されます。Excelを操作する問題では、指示された操作を行い、その結果をもとに選択問題や穴埋め問題に解答します。
Excelバージョン Excelの操作をともなう問題では、Excel 2010、Excel 2013、Excel 2016のいずれかを使用します。
Excelのバージョンは、ご受験になる会場により異なります。お客様がExcelのバージョンを指定することはできませんが、操作性に大きな違いはありません。Excelを操作する問題の画面解説とExcelのバージョンによる違いを解説した資料をご覧ください。

操作問題の画面紹介
試験方法 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 60分
合格基準 700点(1000点満点)
受験料 一般価格   10,584円(9,800円+消費税8%)
一般価格   10,780円(9,800円+消費税10%)
割引価格※   8,640円(8,000円+消費税8%)
割引価格※   8,800円(8,000円+消費税10%)

※2019年10月1日以降にご受験される場合、消費税10%が適用されます。
受験料の消費税10%適用について

※割引価格はMOS、IC3、VBAエキスパート、コンタクトセンター検定試験、ビジネス統計スペシャリストの資格を1つでも取得している方と試験当日に学生の方に適用されます。割引価格の利用方法は「割引受験制度」をご覧ください。
合格証 ※2 合格した方には、受験から約4週間で合格証を郵送します。

履歴書の記載例
ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析スペシャリスト 取得

※1 2019年4月25日に「エクセル分析スペシャリスト」は、試験内容をリニューアルしました。リニューアル前の試験と区別するために、試験結果レポート、受験履歴、合格者の照会には、科目名の後ろに「(Ver.2)」を付けて以下のように表示します。
表示例:エクセル分析スペシャリスト(Ver.2)
※2 リニューアル後の試験の認定証に変更はありません。リニューアル後の試験の合格証も同じ認定証が発行されます。新しい試験の合格を証明される場合は、Odyssey CBTサイトにログインしていただき、「受験履歴」のページ、「合格者の照会」の機能をご利用ください。「(Ver.2)」のついた科目名が表示されます。

エクセル分析スペシャリスト : 出題範囲

エクセル分析スペシャリストの出題範囲は以下の通りです。
※2019年4月25日試験リニューアルに伴い出題範囲を更新しました。

大分類 中分類
1.ビジネスデータ把握力 分析データの理解
1 変量データのまとめ方(1)
データの視覚化と基本統計量
1 変量データのまとめ方(2)
基本統計量とデータのばらつき
2 変量データのまとめ方
2.ビジネスデータ仮説検証力 仮説の検定(1)
クロス集計からカイ二乗検定
仮説の検定(2)
平均値の比較からt検定・F検定
仮説の検定(3)
散布図から相関・回帰分析
仮説の検定(4)
質的変数を結果にした回帰分析
3.ビジネス課題発見・予測力 回帰分析の応用(1)
原因系変数を2つ以上にした回帰分析
回帰分析の応用(2)
ダミー変数の活用と時系列データの分析

エクセル分析スペシャリスト : サンプル問題

エクセル分析スペシャリスト : 受験資格

受験資格は特にありません。年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。
ただし、試験当日に小学生以下の方は、保護者の同意が必要になります。
また、同じ科目を2回以上受験する方は「再受験に関するルール」に従い受験日を決める必要があります。

再受験に関するルール

  1. 同じ科目を2回目に受験する場合、前回の受験から1日(24時間)待つ必要があります。
  2. 3回目以降の受験は、前回の受験から2日間(48時間)待つ必要があります。

エクセル分析スペシャリスト : 試験のお申込みについて

試験は最寄りのOdyssey CBT会場で受験いただけます。
試験実施日やお申込み方法は、試験会場にご確認ください。